So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

松方コレクションと73番 [antiques]

またまたアップするのが遅くなりました。

カメラで撮った写真をパソコンの取り込むのが中々うまくいかず、毎回苦戦してしまいます。


ということはさておき、7月に上野国立西洋美術館へ松方コレクション展を見に行きました。


     IMG00915_HDR.jpg

日曜日で午前中に着いたけれど、既にかなり人が並んでいました。


       IMG00912.jpg

待っている間に撮ったロダン「地獄の門」ネットで調べたら、これも松方コレクションだそうで。


30分ほど並んだでしょうか、やっと入場出来ました。


今回の目玉はモネの「睡蓮、柳の反映」

日本人の松方幸次郎さん(1866-1950)がモネから直接買い付けた作品だそうで、残念ながら保存状態が悪く、大作の上半分くらいが失われた状態で2016年にルーブルで発見されたとのこと。

それを苦心して推定で復元したのがこちら


     IMG00913.jpg

絵ではなく、パソコン画面を大きくしたようなディスプレイ画面に映されていました。ここのみ撮影オッケーでした。

TVでその復元作業のドキュメントをやっていて、それも見ましたが、こういうときにもAIが活躍するんですね。

モネが好んで使っていたであろう色を探し、失われた場所にそれをあてはめ、と大変な作業だなぁとおもいました。


そしてコレクションはとにかく多かった。

これでも全部ではなく、コレクションの一部はロンドンで火災にあい焼失、一部は戦後返してもらえずとあったので、全て見れたらどれだけの量だったのでしょうと思わずにはいられません。


で、松方幸次郎さんという方も、川崎造船所(現、川崎重工業株式会社)を率いていたけれど、金融恐慌などで苦労されたそうで、会場にあった年表も読ませてもらいましたが、なんかドラマか何かを読んでいるような。

TVドラマでやってもおかしくなさそう。その時は是非見たいな、と思わせる年表でした。


で、会場の一番最後に睡蓮、柳の反映の本物が展示してあったのですが、感動するというよりは見ていてとても痛ましい気持ちになりました。


これが全て見れたなら、どんなに良かったことでしょう。松方さんもそれを望んでいたはず、と思うと残念で。


で、最後にお決まりのグッズ売り場へ

私はあまり図録は買わず(場所をとるので)、気に入った作品の絵はがきを買うのですが、今回絵はがき少なっ!

他に気に入ったセガンティーニの作品とかの絵はがきが見つからず、本当に数枚のみ購入して帰宅。

図録を買えってことなのでしょうかね。もっと絵はがき増やしてほしかったです。



で、話かわってタイトルにある73番とは


以前他の方のブログで見て一目ボレした、KLMオランダ航空のビジネスクラスで配っていると言っていたお酒のボトルです。


6月にカメラの撮影会で有楽町へ行ったちょうどその日が骨董市にある日で、撮影そっちのけでつい見て回ってしまい、あるアンティークショップで見つけました。


     IMG_7446.jpg

これはショップのオーナーさんにお断りして店内を撮らせていただきました、

私が買ったのが一番右端のです。

後ろに本が見えますが、このボトルコレクションの本でして、ボトルの後ろに番号がふってあって、そのページを見ると、どこにある建物でどんな建物かがわかるようになっているそう。


ちなみに私が買った73番はオランダのどこかにある郵便局だそうですよ。

家に帰って出窓に置きました。


     IMG_7528.jpg

ボトルの左側にあるのが長崎のグラバー邸売店で買った小物入れ。大きさもおなじくらいで何となくしっくりきませんか?

長崎とオランダってつながりあるし。

右側のは波佐見焼のイニシャル。ぽってりしていてカワイイ。


このブログは最初、手作り作品やらインテリアやらを紹介していたので、タグが今でもそのまま。

最近は旅ブログになりつつあるけれど、たまにはこんな感じで紹介するのもいいかな?と。


nice!(16)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ③ [travel]

さて、ワイナリーに立ち寄ったあとは五色沼へ


     1555290827567.jpg


スマホの設定が変わったのか、真四角に撮れちゃいました。

これはこれでいっか。


五色沼の一つ、毘沙門沼です。


ここを起点にして歩いて他にいくつかある沼に行けるようなのですが、残念ながら道に雪がまだ残っていて、雪がない場所でもぬかるんでおり、普通の靴(私はスニーカーだったかな)では行けそうになく、ハイキングをあきらめました。

なので行けたのはここだけ。

でもキレイでした。


その後近くに一泊。

翌朝窓から見えた景色は雪がまだ残っている広場


       IMG00819_HDR.jpg


あとは帰るだけです。が、私達には一つ心残りが。


そう、来るときに見た桜が、あれからちょっと暖かくなったし、前より咲いているかな?と再度立ち寄ってみました。帰り道だし。


     1555220065427.jpg

どうでしょう?少しはピンク色が増えた気がしませんか?


前回は雪とツーショットだけれど、今回は雪も溶けていて、菜の花とツーショット


       IMG_7162.jpg


近くでも撮ってみました。


       IMG_7171.jpg

やっぱり一昨日より咲いてるー♫


来てよかった♪


この日は日曜日だったので、人も多くて前回よりさらに賑わっていました。


ここを薦めてくれた知人に感謝です。

最後に全景をおさめて帰途につきました。


     IMG_7181.jpg

nice!(22)  コメント(20) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ② [travel]

さて、ちょっと間があいてしまいましたが旅の続きです。


前の日記に夕飯に間に合うかギリギリと書きましたが、なんとか、ギリギリ間に合いました!


たどり着いた温泉がここ


     IMG_7116.jpg


銀山温泉です。

ちょっとした谷間にあり、車で坂を降りたらいきなりこの光景が目に飛び込んできました。

思わず「わあ!」と叫んでしまった私。

ちょっと「千と千尋の神隠し」のようでした。


以前、某TV番組でバイクの旅をやっていて、その映像を見てヒトメボレした私。

芸人さんがここに立ち寄った際、宿泊したかったけれど空き部屋がなく、あきらめていました。

そしてそれを見た宿泊客が、「3か月前くらいから予約しないと(宿泊するのは)難しいわよ~」なんておっしゃっていて、それを聞いてますます行きたくなっていたのでした。

私が予約したのは2か月前でしたが、何とか宿とれたんです。


夕飯には間に合いましたが、本当は暮れなずむ銀山温泉、撮りたかったなぁと思ったけれど後の祭り。

こればかりは仕方ないですね。


夕飯はたっくさん料理が出てきたので、証拠としてこの1枚だけ。


     IMG00807.jpg

夕飯食べたら普通はお風呂、ですがカメラ持って外へ

しばらく散策しました。


       IMG_7127.jpg

川沿いにレトロな雰囲気の街が広がっていて、その街のはずれにまたレトロなポストが。

他の宿の宿泊客も写真をとりに来た人がちらほら。


でも一つ残念だったのは、やっていない宿もみかけたこと。

人気あるなら何故廃業してしまったのでしょう?

それとも人気でる前に廃業しちゃったのかなあ?

さて、翌日も朝写真撮ってみました。


     IMG_7142.jpg


夜とはまた雰囲気が違いますね。

街のはずれに小さい滝がありました。


       IMG00812_HDR.jpg


文字の上の小さい小屋の斜め右上にあるのが滝です。

雪がなければ近くまで行けるそうです。


名残おしかったけれど銀山温泉を後にして、その日の目的地へ


     IMG_7145.jpg

はい、今回も行きました、ワイナリー

タケダワイナリーさんです。


ここは事前に連絡していたので、スタッフからちょっと案内してもらうことが出来ました。


     IMG_7147.jpg

それによると、↑の写真はブドウ畑なんですが、無農薬で作られているとのこと。

なので雑草がいっぱいだそう。

でもそれがいいのだとか。


今回、欲しいワインの目星をつけていたのですが、ここでは売り切れでした。

残念がっていたら、ここから車で5分くらいのところに山形県観光物産会館というところがあり、そこに卸しているのでまだあるかもしれないとのこと。


もちろん行ってみましたよ。

そうしたら、ラッキーなことに残っていて、買うことが出来ました。もしなかった時のためにとタケダワイナリーさんでも購入していてお土産はワインだらけ。

なんかワイン買い付けツアーみたいになってしまいました。


さて、ワイナリーのある地方は米沢地方。

といえば米沢牛が食べたい!

ということで観光物産会館の中のフードコートみたいなところで見つけたので米沢牛の丼を見つけました。


     IMG00813.jpg

フードコートなので値段も高くない。

これで大満足でした。


続きます。



nice!(21)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

桜前線と共に東北へ ① [travel]

さて、またまた平成の時の話になってしまいますが、10連休は混むからと、その前にちょっと連休がとれたので東北方面へ行ってきました。


いつものように車でゴー


途中、福島県に入ったとき、休憩したサービスエリア(パーキングエリアだったかな?)の片隅にこんな建物が


     IMG00799.jpg


画像を縮小したら読みにくくなっちゃいましたけど、上のところに放射線情報と書かれてあって、ちょっとドキッ


ちょうど桜の時期だったので、知人に名所を聞いていました。そこへ最初に行けばよかったのですが、ガイドブックを見たら、聞いたことがある地名を発見。


せっかく近くまで来たのだからと欲が出てしまって向かったのが「あぶくま洞」


     IMG_7068.jpg

こんな高い場所にある洞窟です。

パンフレットによると、1969年石灰石の採石中に発見されたとのこと。

公開されているルートの奥にまだ2500m以上も続く未公開部分があるとのこと。

私達が見学したのはまだほんの入り口だったのかしら?


     IMG_7091.jpg

右端の三角屋根のところから入って、細い廊下のような場所を通って、洞窟はこの山の裏側にありました。


最初はカメラの設定がうまくいかず、失敗写真ばかりだったのですが、だんだんコツをつかんでいきました。

ちょっとですが紹介


       IMG_7077.jpg


       IMG_7080.jpg

30分くらい洞窟内を歩いていたでしょうか。

岩の間を無理やり作った道もあり、かがんで通らなければいけない場所もあったりと、気分はインディジョーンズ(笑)

ずっと頭の中に映画のサントラが流れていたりして。


でもここで時間をかけてしまったので、後半かなりあわてることに。


でもそれにまだ気づかない私達。

次に向かったのは知人にオススメされていた桜の名所、三春滝桜です。


でも今年の春は寒かった。

いつもの年ならもっと咲いていたはずだけれど、今年はちょっと早かったようです。


     IMG_7092.jpg

三春滝桜とは

日本を代表する桜の巨木で

根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)

山高神代桜(山梨県北杜市)とならぶ日本三大桜のひとつと言われていて、樹齢1000年超、

天然記念物に指定されています。


開花期には四方に伸びた枝から薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、その様がまさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとも言われています、とありました。




早かったけれど、巨木は薄いピンクをまとっていました。

初めてみた桜の巨木は迫力ありました。まるで老貴婦人がすっくと立っているかのよう。


       IMG_7095.jpg

近くで見るとやはりまだまだ


       IMG_7101.jpg

別の角度から撮ったら、雪と桜のコラボレーション。

前日だったか前々日だったか、雪が降ったそうで。


それでも観光客が続々とこの老貴婦人を見に来るのでした。


そして私達はやっとこの時点でこの日泊まる宿がまだ遠いことに気付き、あわてて宿に電話したのでした。

すると、〇時までに来なければ夕食を出すのは難しいかも?と言われてしまいました。

間に合うのか?極力休憩を避けることにして宿まで出発です。


続きます。





nice!(18)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

花と器のハーモニー展と原画 [photos]

4月にお出かけしたところをすっとばし、たまにはタイムリーな記事をアップしたいなぁと思い、先週お出かけした場所を。


     IMG_7380.jpg

行ったのはみなとの見える丘公園

バラが咲き誇っていましたよ。

それを見たさに人もいっぱい!


       IMG_7385.jpg

公園の中の小道。

偶然人がいなくなったところをパチリ


バラもキレイだったけれど、目的はそれだけではなく、入ったのはここ


     IMG_7387.jpg

大佛次郎記念館 実は入ったことなかったんです。

で、何故今?なのかには理由がありまして、


       IMG_7391.jpg

こんなのやっていました。

漫画家、大和和紀さんの原画が展示されていました。


入場料はクリアファイルつきとクリアファイルなしで金額が違いました。

私はせっかくだからとクリアファイルつきで。


原画は撮影禁止でしたが、それ以外の内部撮影オッケー。

ちょっとだけ撮ってきました。


       IMG_7394.jpg

入ってすぐのホール上にある灯りの上にはそれぞれ異なる猫の形のオブジェが。

かわいい♫


漫画は開港当時の横浜が舞台で、原画の雰囲気と山手の雰囲気がぴったりマッチしていて、いい場所で展示されているなぁと思いましたよ。


一度でも読んだことある方にはオススメです。

私も家に帰ってから読み返しちゃいました。


開催期間は4月3日~9月8日まで。まだまだチャンスはありますよ~~



で、次に行ったのが山手西洋館でやっている「花と器のハーモニー2019」展へ

一つ一つの建物でそれぞれテーマの異なる花と器のアレンジ。

私は頑張って山手111番館、横浜市イギリス館、山手234番地、エリスマン邸、ベーリックホールと

回ったのですが、後から写真を見返すとどこがどこやらわからなくなるのはいつものこと。

なのでさらっと見てやってくださいませ。


       IMG_7400.jpg


       IMG_7409.jpg


     IMG_7427.jpg


     IMG_7429.jpg


       IMG_7430.jpg


タイムリーな話と言いながら、開催期間明日までです~ごめんなさい。

でも今しか見れないイベントなので良ければ行ってみてくださいね。


そうそう、以前エリスマン邸にあったカフェ、移転してしまったそうです。残念。

山手西洋館を見学したときに曜日があえば必ず買っていたマフィンのお店もしばらくの間お休みだそうで、グルメも楽しみな私にとってはちょっと残念なことになっていました。

nice!(18)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

旧前田家本邸へ [photos]

5月のとある日曜日、カメラ撮影会で都内にある旧前田家本邸へ行ってきました。


芝生の庭をぐるっと回ると正面玄関


       IMG_7193.jpg

置いてあったパンフレットによると、ここは旧加賀藩主前田家16代当主の前田利為(としなり)侯の居宅として昭和3年から昭和5年にかけて建設された建物だそうです。


洋館と和館があり、洋館のほうは迎賓館としても利用できるよう、和館は外国からの賓客に日本文化を伝える空間として設計されました、とあります。

その後、紆余曲折の歴史があり、平成25年には国の重要文化財に指定されたそうです。

知りませんでした~


さて、中へ入ります。


       IMG_7213.jpg

入り口ホールの横には大きな階段

窓も凝った造りです。


       IMG_7218.jpg

実は私、シャンデリアの上の意匠も気になるタイプ。カッコイイ。

洋館は女中さんの部屋もあるんです。


       IMG_7234.jpg

洋館なのに和室です。

それに他の部屋に比べても狭い。身分の格差を感じます。


さて、和館へ


外観の写真とりそこねたのでいきなり建物のなか。


       IMG_7272.jpg

洋館よりもこっちのほうが何故か落ち着くのは私が日本人だから??


       IMG_7288.jpg

お庭の端っこにはミニ滝まであるんですよ。

贅沢ぅぅ~


さてここは、実は駒場東大の近く。

ランチは東大の中のレストランに行きました。


       IMG00838.jpg


       IMG00833.jpg

ルヴェソンヴェール駒場さん

30分以上待ったけれど、なんとか入れましたよ。

カジュアルなフレンチといったところでしょうか。


まずは前菜


       IMG00835.jpg


メインはいくつかから選べたのですが、私は野菜のラタトゥイユ


       IMG00836.jpg

デザート


       IMG00837.jpg


日曜日だったせいか、レストランは家族でお祝いをする団体やら、マダムのランチやらで学生っぽい人はあまり見かけず。

帰りにも東大内を突っ切って駅まで行ったけれど、学生っぽい人はあまりいませんでした。


以前、京都で京大の近くを通ったときに信号渡る学生を見て、みんな頭よさそう!きっと京大生!なんて勝手に想像をふくらませていたんですけどね。東大生はいずこ?というくらい見かけませんでした。



nice!(19)  コメント(16) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

またまた栃木へ・ちょっぴりパン旅 ③ [travel]

青木家那須別邸のあとは、最近お決まりのワイナリー巡り


     IMG00755.jpg


青木家那須別邸から車で20分くらいだったかな?

NASU WINE 渡邊葡萄園醸造へ行ってきました。


ワイナリーって山の中腹なんかにあるイメージですが、ここは国道沿いの平坦な道沿いにあり、

ちょっと車を走らせると住宅街みたいな場所でちょっとビックリ。


でもでも、明治時代から続くそうで、歴史あるワイナリーだそうです。

ただ心配だったのは、スマホで調べても情報が中々見つけられなくて、今でもやっているのか心配だったこと。

でもやってました~


前回の道の駅にもここのワインは置いてあったのですが、製造元のほうが種類は多いだろうと。

実際、ワイナリーのほうが種類は多かったです。


イチオシは赤ワインのようで、勧められたのですが、私には重い感じだったので(前にも書きましたがワインのチョイスは私の舌次第なんです)、ロゼを購入。


家に帰って飲んでみたら家族にも好評♫

ネットでまた買ってしまったほどでした。


で、そろそろお昼時、車をびゅんと飛ばして行ったのが宇都宮


     IMG00758.jpg

こんな名前の通りがありました。この近くで働いていたらランチはここだな、でも午後困るかしら?なんてくだらないことを考えつつ、行ったのはここ


     IMG00757_HDR.jpg

みんみん冷凍餃子は買ったことあるけれど(前回の旅参照)、やっぱり本場で食べたいよね?

行ったときには何人か並んでいたけれど、割とすぐに入れました。


食べたのがこれ


     IMG00756.jpg

焼き餃子と水餃子とごはん

メニューは餃子何種類かとご飯だけ。だから回転も速いのかな?

やっぱり焼きたて、出来立てはおいしい~~

留守番してた息子に冷凍餃子もお土産に持ち帰り。


栃木のお土産といえば外せないもう一軒


     IMG00759.jpg

そう、那須にあったペニーレインさん

宇都宮にも何件かあり、ここはその中の1件。

またまた盛り上がり、ついつい多めに買ってしまいました。


ここ、主人が職場の女性に言ったら、次に栃木出張の際お土産を頼まれたそうで、どうするんでしょう?

パンのお土産って難しいですよね?日持ちしないし。お菓子も売ってたからそっちを買うのかな?


で、パンですがペニーレインさんのは食べてしまって画像ないのでパンフレットで


     IMG_7317.jpg

丸印は私が買ったパン

一番人気は左上のブルーベリーブレッドだそうで、これも買いました。


あと、最後に日光金谷ホテルのパン


     IMG_7036.jpg

名前忘れたので検索したら、チーズロードという名前だそうで、ネットでも売ってますね。

食べたくなったら検討してみよう。

ちょっとトーストするとチーズがとろけて美味しい。どちらもオススメです♫


ということでパン旅終わります。


nice!(22)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

またまた栃木へ・ちょっぴりパン旅 ② [travel]

前回の続きです。

翌日、チェックアウト後に車を走らせ、ちょっと休憩したくなって、たまたまカーナビで大きい駐車場っぽい場所があったので行ってみると、そこは吊り橋でした。


       IMG_7000.jpg

もみじ谷大吊橋といって、ガイドブックによると、全長320mの国内最長クラスの吊り橋とのこと

紅葉や新緑がキレイだそうですが、行ったのは冬。オマケに雨まで降ってきたのでさささっと渡り、さささっと戻ってきただけなので写真はこれ1枚で。


その後、TV番組で見て行ってみたかった場所へゴー

なんと、道の駅「明治の森・黒磯」の敷地内にある建物。

道の駅に車をとめ、奥へ進んでいくとこんな感じ見えました。


     IMG_7007.jpg


旧青木家那須別邸です。

道の駅敷地内だけど、建物に入るには入場料(大人200円、小中学生100円)かかります。

でもでも洋館好きな私。入らないではいられません。


入ると、こんなパネルがお出迎え


       IMG_7014.jpg

モデルはどなたかな?


私もここに来るまでは青木家那須別邸の詳しいことをしらなかったのでネットで調べた情報を


明治時代、ドイツ公使や外務大臣を歴任した青木周蔵が農場内に建てた別荘建築。2階建ての中央棟が明治21年に建てられ、その後左右の棟が増築されて現在のような形になった。屋根以外は白一色の外観や広いバルコニーが、コロニアル様式的な雰囲気を醸し出している。

平成10年に復元工事を終了、翌11年12月には 国の指定重要文化財に指定されたとか。


建てられた青木周蔵氏は子爵であり、外務大臣も務められたとか。

内装は威圧感のない、どちらかというと女性的な内装だなぁと思いました。


とはいえ、こんな飾りも。


       IMG_7011.jpg

2階に上がるとまたまた好みな部屋が。


       IMG_7021.jpg

ベッドルームかな?


       IMG00749.jpg

和室なのに窓が洋風。


       IMG00751.jpg

バスルームもカワイイ♫


     IMG00750.jpg

この2重のアーチがかわいくて☆


そして外に出ると気になったのが外壁。


       IMG_7030.jpg

蔦の形のスレート。

スレート部分が丸くなっててうろこみたいに見える洋館は神戸で見たけれど、蔦の形は初めて。

凝ってるなぁと感心しきり。(すっかりふるカフェ系ハルさん状態になってる私)


     IMG00752_HDR.jpg

入り口はこの写真の左側。

ぐるっと回りこむと思ったより広くて豪華な造り。

ヒトメボレしちゃいました。


寒い2月のそれも平日だったせいか、ほぼ貸し切り状態で写真を撮りまくった私。

なんでこんなステキな場所、あまり知られていないんだろう?と不思議に。

那須高原からちょっと離れているからなのかな?


またゆっくり写真を撮りにきたい場所の一つになりました。


続きます。

nice!(19)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

またまた栃木へ・ちょっぴりパン旅 ① [travel]

はい、今年の2月、寒さに負け、温泉へ行きたいということになり、またまた栃木へ行ってきました。

何故また栃木だったかというと、主人が出張先の栃木で人に聞いたら教えてもらったのが栃木の温泉だったという訳で。


他の出張先で聞いていたら他の場所になっていたのかもしれませんが、前回行きそびれた場所もあり、いいんじゃないのということになり、行ってまいりました。

去年の5月、8月、今年の2月と3回目。栃木出身のお笑い芸人さんたちにもほめられそうな回数ですね。


で、最初に行ったのが日光の金谷ホテル。


     IMG_6967.jpg

ここに泊まるために来たのではなく、パンを買いたかったんです。

格式ある建物に半ば圧倒されつつ、入口入ってすぐ左にパンが売っていました。

ここで無事、一番人気のパンをゲット。

パンの写真はまた後日。


せっかく来たのだからとロビーをうろうろ。

壁には宿泊された方の一覧が飾ってありました。


     IMG_6970.jpg


栃木へは何度か来てるのですが、実は日光は修学旅行以来初!

その修学旅行でいろは坂というつづら折りの坂でバス酔いしてしまってからトラウマで、本当に社会人になってからは行ってなかったんです。

でも今回はバスじゃないし、平気かな?と。


次に行ったのが日光東照宮


     IMG_6980.jpg

有名な見ざる言わざる聞かざる

彫像はこれだけだと思い込んでいたら、いくつか物語になっていて、これはその一部でこの後も話が続くんですね。

あちこちでガイドさんが説明しているのが耳に入ってきて、勝手にふんふんと頷いてしまいました。


       IMG_6981.jpg


陽明門

ゴージャス!


     IMG_6988.jpg

眠り猫

でもこの裏側は


     IMG_6995.jpg

真裏の彫刻がスズメなんですね。

またまた別のガイドさんがその意味を説明されていたけれど、ちゃんと聞き取れませんでした。


そして、石段を(ガイドブックによると)207段上がったところにある家康公の墓所


     IMG00742_HDR.jpg

修学旅行のときはここまで来たかなあ?などと思いつつ階段をふぅふぅ言いながらたどり着きました。


そして、その近くにあった二荒山神社へも行ってきました。


      IMG_6999.jpg

ここは近年縁結び、開運の神様として人気があるそう。



     IMG_6998.jpg

神社の中にある霊泉

ガイドブックによると、知恵がついて美人になるというご利益があるとか。

しっかりお参りしてきましたよ♫


で、実はここでタイムアップ。

本当はいろは坂を通って華厳の滝へも行きたかったのですが(ちょっと不安だけど)、そこまで行くと旅館へたどりつくのが遅くなってしまうため、あきらめました。


残念ですがまたの機会を待ちましょう。


で、旅館ですが、そこからちょっと北に入った奥塩原へ

にごり湯の温泉で、宿とは別棟で露天風呂があり、雪見風呂してきましたが、そこはもちろん写真は×

旅館の外観も撮っていなかったみたいで、情報はありませんが、もうすぐひなまつりということもあり、ロビーにお雛様が飾ってありました。


       IMG00748.jpg


華やかな雰囲気を出していました。


続きます。




nice!(19)  コメント(16) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

2018年山手西洋館クリスマス [photos]

相変わらずの季節はずれネタ、すみません(汗)


連休ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は連休前にちょこっと旅行へ行ったので(その話はまた後日)、連休は家の片づけやらちょこっとお出かけやらで過ごしています。


で、このブログ、私の備忘録も兼ねているので無理やりクリスマス写真アップさせていただきますね。


毎年変わる山手西洋館のディスプレイ、同じ物は次の年にはもう見れないということで、無理やり時間をとって行ってきました。


最初はいくつかある洋館のうち、2つだけ回るつもりが気付いたら5つ回っていました。

後からどっと疲れが。


覚えている範囲でどこで撮ったかも書きますね。


まずはブラフ18番館


       IMG_6837.jpg


多分ブラフ18番館


     IMG_6843.jpg


外交官の館


       IMG_6873.jpg


ここはどこだったかな?


     IMG_6891.jpg       


エリスマン邸


       IMG_6893.jpg


子供部屋のベッドにもしっかりプレゼントが


       IMG_6896.jpg


ここもわからず


       IMG_6916.jpg 


       IMG_6938.jpg


やはりこまめに行ってすぐにアップしないと覚えていないものですね。

寒くて疲れたけれど、行ってよかったと思いました。


で、話は変わりますが、フランスパリのノートルダム大聖堂の火事、TVで見てショックでした。

TVでやっていたのですが、パリで1番観光客が行くのがここだとか。

私もしっかりと、再訪するべく、「ここを踏めばまたパリに来れるよ♫」というローマのトレビの泉のような場所がノートルダム大聖堂の前にあり、しっかり踏んできただけに、一日も早い復興を願ってやみません。


そのときのブログのアドレス貼り付けておきますね。




これでやっと2018年ネタ終わりです。

次からはやっと2019年です。令和ネタはまだまだ先ですね…



nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -