So-net無料ブログ作成

昔なつかしい友人に再会したような・・・・ [books]

突然ですが、小さいときから本が好きでした。

今でこそ、大人買いなんて出来るけれど、小さいときは家にある子供向けの本はほとんど読んでしまっても、

そうそう買ってもらえるはずもなく、結局同じ本を何度も読むこともしばしば。

そんな中で何度も読んだのが、「赤毛のアン」シリーズ

全部で10シリーズもあるの知ってます??

アニメで有名になった子供時代だけでなく、大学時代やらその後の話なんかも、舞台になっている

プリンスエドワード島の雰囲気や人々の生活が伝わってきて、好きなシリーズでした。

でも私の周りではシリーズ全部読んだっていう人は1人しかいなくて・・・

全部読んだという方、ここで語りあいましょう[わーい(嬉しい顔)]

という余談はさておき、数十年ぶりに出たんです、新作が[exclamation]

赤毛のアンは村岡花子さんの訳が有名ですが(私もそれで読みました)、今回の新作は何と

そのお孫さん[exclamation×2]

私も年をとったわ~~と思った瞬間でしたが、本屋で見つけた時には「え??新作[exclamation&question]」とビックリして、

それでも気になって速攻購入しちゃいました。

主役はアンの周りの人々だけれど、時折アンが書いたという詩が入っていたりして、

またまたプリンスエドワード島の雰囲気満載で、これが本当に最後の作品だなんて、残念な気がします。

原稿は大学の資料室で見つかったものを中心としたということで、そんなこともあるんだなぁと感心したり。

他に出てくるといいのになぁ

またまた余談だけれど、「ルパン三世」じゃあなく、そのおじいちゃんの新作も去年出版されましたね。

知らないだけで、そういう作品ってまだまだどこかにひっそりと眠っているのかなあ?

誰か目をさましてあげて[exclamation]

アンの想い出の日々(上): 赤毛のアン・シリーズ11 (新潮文庫)

アンの想い出の日々(上): 赤毛のアン・シリーズ11 (新潮文庫)

  • 作者: ルーシー・モード モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/29
  • メディア: 文庫



アンの想い出の日々(下): 赤毛のアン・シリーズ11 (新潮文庫)

アンの想い出の日々(下): 赤毛のアン・シリーズ11 (新潮文庫)

  • 作者: ルーシー・モード モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/29
  • メディア: 文庫


ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 作者: モーリス・ルブラン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: 新書


nice!(9)  コメント(9) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

新・三銃士 [books]

 

ちょっと古い話になりますが、

昨年10月からNHKで「新・三銃士」という人形劇が始まったのをご存じですか?

脚本は三谷幸喜さん、エンディングを平井堅さんが歌ってるという豪華なもの。

 

お友達にすすめられて見だしたら、私が小さい時に観てた人形劇よりはるかに

セットも人形も凝ってる印象。

背景のステンドグラスみたいなのも緻密で細かい!

 

フランスの、ルイ13世の時代の話だからと、人形の衣装に使われてるレースなんかも

気になったりして(笑)

 

 

 そんなこんなで、ちょうどいい機会だからと、図書館から三銃士を借りて、数か月かけて

全巻読みました。ふぅ~

 

人形劇でやっている時代からさらに20年後、そのまた数年後、ということで

話は展開していって、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化された「仮面の男」も

この中から抜粋した話だったんですね。知りませんでした。

 

若い頃だけでなく、年をとっても三銃士+ダルタニャンは大活躍
しているので、面白かったです。

時には敵味方に分かれても友情は変わらないところが、
こういうのって、いいなぁと。

その当時のフランス、イギリス歴史上の人物も出てくるので、
今ならその頃に関するクイズが出ても答えられそうです。
一か月後にはアヤシイけれど(笑)

 全部で11巻あったので、どっぷりと当時のフランスの世界に浸っちゃったかも?

あぁ、フランス行ってみたい。

 

 

 

 

 

 

ダルタニャン物語 全11巻セット

  • 作者: アレクサンドル・デュマ
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本

nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

600人待ちでした [books]

 やっと読むことが出来た本「ハリーポッターと死の秘宝」

家では私しか読まないし、本棚もいっぱい(マンガとか、笑)なのでハリーポッターシリーズは

毎回市の図書館で借りてます。

今回も同じように、図書館で借りようと発売された当日の夕方、図書館のホームページを見たら、

発売日なのに既に600人待ち!!

でもでも、やっぱり借りようとページをポチっとしてから早や3か月以上たち、

やっと私の順番がまわってきました。

 

読んだ感想は、いや~今までの謎がすべてとけて、そういうことだったのか~と深く納得。

ハリーの7年間の物語なのに、もっとずっと長い物語を読んだような、そんな気持ちになりました。

大人が読んでも十分読みごたえのある、シリーズ最終作でした。

回をかさねるごとに、読んでてつらい部分が増えてきたけれど、今回も何度か涙が出てきました。

ハリーの成長ぶりも伝わってくるし、本当にお勧めですよ。

もしこれから読むんだったら、最後の最後、訳者の松岡佑子さんのあとがきまで読むのをおすすめします。

訳者の長年の想いも伝わってくる、いいあとがきでした。

おっと、くれぐれもあとがきは全部読み終わってからにしてくださいね。

じゃないと楽しみが半減しますから。

    20081111harry.jpg

画像は図書館で借りた本と、ウチにあった「組み分け帽子付きボールペン」

芯をカチっと出す度に、帽子がくにゃっと動く、カワイイ奴です(笑)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

  • 作者: J. K. ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2008/07/23
  • メディア: 単行本


nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

毛塚さんの新しい本 [books]

本屋さんへ行くことが中々出来なくて、やっと最近手に入れました。

毛塚さんの新しい本 「毛塚千代さんの暮らしの寄り添うハンドメイドBOOK」

 

        

今回で3冊目ということで、手作りがメインの本になっているようです。

まだパラパラと見ただけだけど、ドールの作り方も丁寧に載っているし、

お部屋もちょこちょこと見ることができて、とってもやさしい雰囲気の1冊でした。

毛塚さんの本は、どれも読んでるとあったかな気持ちになりますね。

これからの季節、この本をめくる日が多くなりそう。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

話変わって、ホームページのほうに、やっと我が家をちょこっとアップしました。

部屋のアップは、実は今年の抱負でもあったのですが、もう10月…すぐに11月…(汗)

まあ、今年中に出来たからいっか、ということで自分で勝手に納得してます(笑)

毛塚さんのお家には遠~~く及ばないけど、良かったら見てやってくださいね☆⌒(*^-゜)v

 

毛塚千代さんの暮らしに寄り添うハンドメイドBOOK (私のカントリー別冊)

毛塚千代さんの暮らしに寄り添うハンドメイドBOOK (私のカントリー別冊)

  • 作者: 毛塚 千代
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本


nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

吉原理映さんの新しい本 [books]

昨日、本屋さんへふらりと行ったら、ずっと発売を待ってた本を見つけたので、

早速買ってしまいました。

『吉原理映さんの小さな手作りとナチュラルインテリア』

まだパラパラと見ただけですが、前の吉原さんの本を読んで、

とても刺激を受けたので、今度も楽しみ(#^.^#)

表紙の写真からもうツボです~

理映さんのように、何でも手作り出来たらいいだろうなぁ~

 

話変わって、プレゼント応募いただきありがとうございました。

当選者が決まりましたので、HPトップからプレゼントページへ行ってみてくださいね。☆⌒(*^-゜)v

 

吉原理映さんの小さな手作りとナチュラルインテリア (別冊PLUS1 LIVING)

吉原理映さんの小さな手作りとナチュラルインテリア (別冊PLUS1 LIVING)

  • 作者: 吉原 理映
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: ムック


nice!(4)  コメント(12) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

雑誌『Come home5』と『ナチュラルガーデニング4』 [books]

暦の上では秋!のせいか、最近インテリア関連の本が続々と出版されてる気がします。

全部を買いたいけれど、そういう訳にもいかないので、立ち読みでガマン…

なんてこともよくあるけれど、この2冊は買ってしまいました。

『Come home5』のシリーズは、手に取るとつい買ってしまうシリーズ。

気がついたら1~5まで揃ってしまいました。載っているどのお家も、肩肘張らない自然な生活。なのにおしゃれ。いいなぁ

そしてもう一冊は『ナチュラルガーデニング4』

このシリーズは他に1冊しか持っていないけれど、毎回気になる雑誌の一つ。

我が家でもとっても狭いけどガーデニングしてるので、今回のさりげないディスプレイが参考になるかな?と思って買ってしまいました。

これからの季節、紅茶を片手にゆっくりこの2冊を見る時間が持てたらいいなぁ

 

そうそう、8月に恵比寿へ行った時に立ち寄ったお店『BROCANTE ANTIQUES』さんでご夫婦で買物にいらっしゃった方がいました。

その方たちがある雑誌のインテリア大賞を取られたと一緒に行ったお友達のブログに書かれてて、なるほどなぁと思ってしまいました。またも立ち読みしたけど、とってもステキ。そうと知っていたら色々お話を聞いておくんだった。残念(>_<)

Come home! (Vol.5)

Come home! (Vol.5)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 大型本

ナチュラルガーデニング (Vol.4)

ナチュラルガーデニング (Vol.4)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

夏休みの課題図書?? [books]

前作に引き続き、また図書館で借りてきました。「ハリーポッターと謎のプリンス」

前作の時もすごい人数待っていたので、今回はできるだけ早く…と思い、発売日の翌日に図書館へ行って予約したのに、その時すでに予約待ちの人数が市全体で400人以上いました。(ひえ~~)

なのでいったいいつ読めるのかなあ?と思っていたら、思ったより早く手に取ることが出来たのですが、やっぱりこの2冊を2週間で読むのは、かなり集中して読まなければいけませんでした。なんか夏休みの課題図書のようになってしまいました。

感想は、う~ん、だんだん内容が子供向けっぽくなくなってきている感じ。大人向けのファンタジーになってきたのかな?とはいえ、以前からいるキャラクターは楽しませてくれるし、クィデッチの試合もちゃんとあるしでホグワーツ生活も堪能できます。でも、でもラストが…え?本当?うそでしょ?という感じ。それ以上は言えないけど。

1作品読むごとに次が早く読みたくなります。でも次が最後?

次作は借りないで、買っちゃうかも?結末が早く知りたいよ~

 

 

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

  • 作者: J. K. ローリング, J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: 単行本

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

Come home4 [books]

数日前に発売したこの本。ついつい毎回買ってしまうシリーズの本なのですが、今回も本屋さんで手にとってパラパラめくってみたら、やっぱり欲しくなって買ってしまいました。

家に帰ってじっくりと読んでみると、やっぱり「買ってよかったぁ~♪」

どちらのお宅も「自分の家」らしさが表れてて、いいなぁと思いました。

さて、我が家らしさ…どうかな?

少しずつ、頑張っていきましょう!

     

 

話は変わりますが、左のコメントを見てわかっちゃった方も多いかと思うけど、私とpapaはサッカーファン。息子はそうじゃないのが悲しいところだけど、これは個人の趣味の問題。仕方ないねとあきらめつつもTVをサッカーで独占してしまうワガママ親なのです。

今月はワールドカップ開催。既に寝不足になりそうな予感…。とりあえず今晩のマルタ戦もしっかり見なくっちゃね☆⌒(*^-゜)v

 

Come home4

Come home4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/06/02
  • メディア: -


吉原理映さんの本 [books]

昨日、本屋さんへ行ったら、ステキな本を見つけました。

『吉原理映さんの 手作りで楽しむナチュラルインテリア』という本です。

吉原さんのインテリアは、雑誌で何度かお見かけしていて、そこだけ切り取って取っておいたりした位、お気に入りのお家。それが1冊の本になったのを見たらもう即、買いでした。

まだパラパラと見ただけですが、もう「うわ~~♪」って言葉が出てくる位ツボでした。雑貨だけじゃなく、DIYで思い通りの部屋にしている様子は、私も見習わなきゃ。

オススメの一冊ですよん♪(^-^)vブィ!

  

           

 
 
吉原理映さんの手作りで楽しむナチュラルインテリア

吉原理映さんの手作りで楽しむナチュラルインテリア

  • 作者: 吉原 理映
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本