So-net無料ブログ作成

フランス旅行その23 パレ・ロワイヤルとその周辺とミュシャ [2016年9月フランス旅行]

ルーブルを出たあと、すぐ近くにあるパレ・ロワイヤルへ行こうと思ったのですが、道を一つか2つ間違えていたらしく、見当たりません。

近くにいた、ホテルマンらしき人が休憩してるっぽかったので、聞いてみたら、セーヌ川の対岸と言われたパレ・ロワイヤル。でも私の脳内地図によると絶対セーヌ川のこちら側。

スマホで見ればよかったのでしょうが、一人で道の途中でスマホを取り出して見る勇気がなく、こっちよね?と思った方向に歩いていたけれど、たどり付きません。

だんだん心細くなってきた時に見つけたのが、日本の本屋さんの名前でした。

ここなら日本語で聞けて、いいかげんじゃなく、ちゃんと教えてくれるはず!と思って入店したら、やっぱり日本人の店員さんが。

助かった~と心の中で思いつつ、道を聞いたらずいぶん遠回りになってしまっていました。

かなり戻った感じになって、やっとたどり着いたのがここ

     P1050178.jpg

あまり観光客はいない感じで、地元の人がくつろいでる公園、といった雰囲気。

     P1050181.jpg

この公園の周りの回廊がステキなんです。

       P1050180.jpg

ガイドブックによると、17世紀に建造され、ルイ14世が幼少期を過ごした王宮、とありました。

かつては王宮の一部だったんですね。

何げに撮った一枚のカフェの看板

     P1050179.jpg

帰国してから知ったのですが、ここは昔、エミール・ゾラやジャン・コクトーも通っていたそうです。

知ってたら入ったのに~。残念です。

本当なら、この回廊の周りには色々なお店があって、そこを見て回りたかったのですが、迷子になったお陰でたどり着いたときにはぐったり。とても見て回る元気はありませんでした。

早々に近くにある、ここも行きたかったパッサージュへ

     P1050182.jpg

入口のタイル表示も味がありますね。

       P1050186.jpg

ちょっとタイムスリップしたかのようなアーケードです。

     P1050187.jpg

建物の壁には彫刻も

       P1050184.jpg

こういう雰囲気、好きです~

       P1050183.jpg

工事中っぽいのが残念。

この中のカフェでちょっと休憩したら、友人との待ち合わせ時間がせまってきました。

迷子にさえならなければもっとゆっくり出来たんですけどね。

     P1050188.jpg

途中で見かけた建物。何だかはわかりませんが由緒あるのかな?

てことで続きます。

 


先日、六本木にある新国立美術館でミュシャ展を見に行ってきました。

     DSC_0451.jpg

今回の目玉はスラヴ叙事詩なのですが、入るといきなりその作品がずらっと。

かなり大きい作品ばかりだったのでその世界に圧倒されました。

用意のいい人はオペラグラスで見ていた人も。

上のほうはそうでもなければじっくり見れません。

私は持っていくのを忘れてしまったけれど、これから行く人で細かく見たければオペラグラス必要かも?

大きい作品だけれど、細かい部分までしっかり描かれてて感動しました。


nice!(19)  コメント(16)