So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス旅行その23 パレ・ロワイヤルとその周辺とミュシャ [2016年9月フランス旅行]

ルーブルを出たあと、すぐ近くにあるパレ・ロワイヤルへ行こうと思ったのですが、道を一つか2つ間違えていたらしく、見当たりません。

近くにいた、ホテルマンらしき人が休憩してるっぽかったので、聞いてみたら、セーヌ川の対岸と言われたパレ・ロワイヤル。でも私の脳内地図によると絶対セーヌ川のこちら側。

スマホで見ればよかったのでしょうが、一人で道の途中でスマホを取り出して見る勇気がなく、こっちよね?と思った方向に歩いていたけれど、たどり付きません。

だんだん心細くなってきた時に見つけたのが、日本の本屋さんの名前でした。

ここなら日本語で聞けて、いいかげんじゃなく、ちゃんと教えてくれるはず!と思って入店したら、やっぱり日本人の店員さんが。

助かった~と心の中で思いつつ、道を聞いたらずいぶん遠回りになってしまっていました。

かなり戻った感じになって、やっとたどり着いたのがここ

     P1050178.jpg

あまり観光客はいない感じで、地元の人がくつろいでる公園、といった雰囲気。

     P1050181.jpg

この公園の周りの回廊がステキなんです。

       P1050180.jpg

ガイドブックによると、17世紀に建造され、ルイ14世が幼少期を過ごした王宮、とありました。

かつては王宮の一部だったんですね。

何げに撮った一枚のカフェの看板

     P1050179.jpg

帰国してから知ったのですが、ここは昔、エミール・ゾラやジャン・コクトーも通っていたそうです。

知ってたら入ったのに~。残念です。

本当なら、この回廊の周りには色々なお店があって、そこを見て回りたかったのですが、迷子になったお陰でたどり着いたときにはぐったり。とても見て回る元気はありませんでした。

早々に近くにある、ここも行きたかったパッサージュへ

     P1050182.jpg

入口のタイル表示も味がありますね。

       P1050186.jpg

ちょっとタイムスリップしたかのようなアーケードです。

     P1050187.jpg

建物の壁には彫刻も

       P1050184.jpg

こういう雰囲気、好きです~

       P1050183.jpg

工事中っぽいのが残念。

この中のカフェでちょっと休憩したら、友人との待ち合わせ時間がせまってきました。

迷子にさえならなければもっとゆっくり出来たんですけどね。

     P1050188.jpg

途中で見かけた建物。何だかはわかりませんが由緒あるのかな?

てことで続きます。

 


先日、六本木にある新国立美術館でミュシャ展を見に行ってきました。

     DSC_0451.jpg

今回の目玉はスラヴ叙事詩なのですが、入るといきなりその作品がずらっと。

かなり大きい作品ばかりだったのでその世界に圧倒されました。

用意のいい人はオペラグラスで見ていた人も。

上のほうはそうでもなければじっくり見れません。

私は持っていくのを忘れてしまったけれど、これから行く人で細かく見たければオペラグラス必要かも?

大きい作品だけれど、細かい部分までしっかり描かれてて感動しました。


nice!(19)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

撮影会で自由学園明日館へ [photos]

季節はずれにならないよう、旅のレポをまたお休みして、撮影会に行ったお話を。

行ったのはずっと行きたかった池袋にある自由学園明日館(みょうにちかん)

TVでやっているのを見て絶対行ってみたいと思っていた場所でした。

     IMG_4753.jpg

学園、という名前からわかる通り、以前は校舎でした。

学園は今は他の場所に移転しているそうで、今はここでは公開講座やパーティーや、結婚式も出来るそうです。

ちょうど桜が咲いた時期に行けたので、ダブルラッキー

       IMG_4596.jpg

満開ではなかったけれど、十分ステキ。この右側の芝生でお花見をしている人もちらほら。

近くに住んでいたら毎年来るのに。

中に入ってみました。

     IMG_4627.jpg

教室の窓からも桜がよく見えます。

続いてホール

     IMG_4606.jpg

大きい窓から桜が一面に!

学校だった頃は毎朝の礼拝をしていた場所だそうです。

今はちょっとした喫茶スペースになっています。

     IMG_4739.jpg

私もお茶をいただきました(写真は私ではありませんよ~)

       IMG_4679.jpg

さくら湯のサービス。こんなところにも春を感じます。

ホールからちょっと上がったところに食堂がありました。

     IMG_4619.jpg

窓も明かりもカッコイイ。

     IMG_4620.jpg

       IMG_4623.jpg

映り込み~

入ったときにもらったパンフレットによると、明日館は帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトとその弟子の遠藤新さんの設計だとか。

軒高を低く抑えて水平線を強調した立面、幾何学的な建具の装飾は「プレーリーハウス(草原様式)」と呼ばれる一連のライト作品の意匠を象徴しています、とあります。

古きよき時代を感じました。行けてよかった。

     IMG_4755.jpg

桜は満開ではなかったけれど、十分楽しめました。


nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

フランス旅行その22 ルーブル美術館② [2016年9月フランス旅行]

ルーブル美術館の続きです。

     DSC_0284.jpg

前回の記事で何故かアップ出来なかった「民衆を導く自由の女神」ドラクロワ作

今回は難なくアップ出来ました。その違いは何でしょう?ソネブロさん、謎です。

実はルーブルは2回目。ここらへんは前回も見ていたのですが、前回見損ねた場所へ。

豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」へ

ナポレオン3世ってルーブルのみならず、パリを現在の姿に大改造した人物だそう。

私なら豪華絢爛すぎて住めないわ、と思いつつ見学。

     P1050137.jpg

     P1050143.jpg

     P1050148.jpg

ね?落ち着かなさそうでしょ?(私だけ?)

そうこうしているうちにお腹がすいてきたのでランチ。

     P1050152.jpg

ルーブル2階にあるカフェ。

こんな彫刻群に見守られながら、サンドイッチとコーラとちょっとしたお菓子で朝食よりリーズナブルでしたが、いただきました。

見晴らしのいいカフェでしたが、ここは入場しないと入れません。

このあと、フェルメールを見たかったのですが、その展示室一帯が閉鎖されていて、見ることができませんでした。

きっとどこかの国で展示されていたのかもしれません。

絵や彫刻を見てちょっと休みたいときにはいくつかある中庭に行きます。

お気に入りの場所(といっても2回目ですが・汗)がここ

     P1050162.jpg

日差したっぷりで人も比較的少なく、のんびり出来るんです。

とはいえ、こんなカワイイ彫像を見かけたら、写真を撮らずにはいられませんでした。(そして結局ゆっくりできず)

     P1050159.jpg

さて、ひととおり見たからとルーブルを出てから気づいて、あわてて戻りました。

チケット見せたら再入場出来ました。

この美女を忘れていました。

     P1050167.jpg

ここも人だかり。

結局朝9時ころ朝食を食べてルーブル出たのが午後3時で、ほぼ半日ルーブルにいたことになりました。

このあと行きたい場所が近くにあったのですが、迷子に。

     P1050176.jpg

続きます


nice!(19)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行